He has become a legend for Japanese law students

 | 

When open minds fight closed courts in Japan

BY 

SPECIAL TO THE JAPAN TIMES

2017年7月16日付JAPAN TIMES に上記の記事が掲載された。要約すると、以下のとおりである。

  1. 日本の裁判制度は、閉鎖された権威主義のシステムである。
  2. レペタ氏は日本の裁判制度と戦ったレジェンドである。
  3. 日本の裁判制度は「陪審制度が導入された現在でも、基本的なルールは変わらず、無実の推定が否定されている権威主義体制のルールである」

現実、日本の裁判システム、特に判決が下されるまでの過程、判断基準というものは不明瞭でわかりにくい。レペタ氏のケースのように、違憲判決は出したくないので、違憲ではないが、実質違憲であるというような判決がでる。また、三権分立といいながら、国家の判断によりそう判決がほぼ下されるような現状がある。

国家に都合のいい裁判所であるなら、国会議員もあまり真剣に現状の裁判所システムを変えようとは思はないであろう。変わらないであろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする